フローリング保護のための方法【ワックスの特徴を知ろう】

ワックスは家庭環境やフローリングの素材を考えて施工しよう

フローリング保護のための方法【ワックスの特徴を知ろう】

床

水性や水性樹脂そして油性

フローリングを保護するために活用できるものの一つとして、ワックスが挙げられます。ワックスにはいくつか種類があるため、多くの人は床の素材や家族構成によって選んでいるようです。
・水性…安いが長持ちしない
・水性樹脂ワックス…耐久性が高く、滑りにくい
・油性ワックス…既に塗装されたフローリングには向かない
以上のような特徴があります。

素人だと失敗しやすい

自分で好きなときにフローリングを整えられますし、ワックスはホームセンターにも売られていて手に入れやすいです。
しかし、ワックスがけには意外と労力が必要ですし、技術がなければムラが残ってしまい、せっかくの床が汚れて見えてしまいます。
業者に頼んでコーティングをすれば、満足のいく仕上がりになりますのでワックスとともにフロアコーティングも検討してみましょう。

それぞれに特徴がある

ワックスと床材には合うものと合わないものがありますし、状況によっても使用するものは変化します。これらのことを全て考慮して、自分で作業をするのはとても大変です。業者の力を借りることも大事だといえます。

広告募集中