フロアコーティングを行なって快適な床にしよう

フロアコーティングにも様々な種類あり【タイミング良い施工時期】

二つのコーティング方法を考える

UVコーティング

専用の機械で紫外線を当てると硬化するコーティング剤を使っているUVコーティングは、その特性から施工料金も高いです。しかし、料金と比例して耐性も高いため、何度も施工する手間がありません。

ガラスコーティング

塗膜が薄いため「いかにもフロアコーティングをしている」という印象を和らげられます。傷も目立ちにくいので現在注目されているコーティング剤ですが、塩素系の洗剤で溶けてしまいます。

こんな家ならフロアコーティングしよう

  • 無垢材でできている
  • 床の素材が柔らかい
  • ペットがいる
  • 小さな子供がいる
  • 高齢の家族がいる
  • よく家具を動かす
  • 日光が入りやすい

フロアコーティングを行なって快適な床にしよう

部屋

リフォームを考える

家の工事をするには長い期間がかかることがありますので、タイミングを考える必要があります。
特に床は常に家具が設置しているところですし、家族がその上で長い時間を過ごします。コーティング剤の種類も考えなければなりませんので面倒ですが、ペットがいて床が傷つく恐れがあるなら早めに施工したほうが良いでしょう。

新築時が一番良いタイミング

今から家を建築するという計画を立てている人なら、このタイミングがフロアコーティングを施工する時期としてぴったりです。
床はそのままだと直に木材に家具や人の足、ペットの爪が触れる状態ですので、どんどん傷ついていきます。やはり新築の状態にフロアコーティングをしたほうが、フローリングを最も長持ちさせる一番の方法といえます。

20年ももつ

以前はワックスしかフローリングを保護する方法がありませんでしたが、フロアコーティングなら一度かければ20年はもちます。
ワックスは水溶性だと2~3ヶ月でまた塗り直さなければいけませんし、そうすると家具もその間は移動しておく必要があります。フロアコーティングを新築時、もしくはリフォーム時に行なうことで、そういった手間を少なくできるのです。

広告募集中