店の電気工事を頼む際の流れ【失敗しない工事のコツ】

変更不可のターニングポイントを知る【店舗の電気工事内容】

店の電気工事を頼む際の流れ【失敗しない工事のコツ】

電気工事

お店の大事な印象を決める照明の配置

注文住宅や店舗を建設する際、電気工事は重要な意味をもちます。電気工事では建築物に電気を供給するために配線をしていきますが、その場所によって照明の使いやすさが変わりますし、お店なら売上にも関わってくるのです。
できれば建設時に間違いの内容にコンセントの数や位置を決めておきたいものです。電気工事は建築がある程度進んでから進められることが多いので、変更を行ないたければそれまでに決めましょう。

大まかな電気工事の流れ

1、 上棟後に分電盤から配線し、スイッチボックスを仕込む
2、 造作工事が進んでから開口する
3、 コンセントやスイッチを取り付けする
以上が新築時の電気工事の流れです。しかし、店舗用の建築物だと雑居ビルに賃貸することも多いので、
・既存の建築物の構造確認
・新たな設備を敷設
・古い配線用遮断器を交換する
以上のような作業が入ってきます。

電球の色によって変わる部屋の印象

昼光色

光の色は白いのが特徴です。コンビニではこういった色の光がよく使われています。冷たい硬質な印象を与えますが、スッキリした印象を与えるので生鮮食品を扱うお店や作業をするような場所には合っています。

電球色

オレンジ色に近い色が出るため、柔らかな温かい印象を与えることができます。その分少し暗い印象を与えることも。食材を調理して提供するようなレストランには向いている照明であり、落ち着いた空間を作れます。

店舗と住宅では違う

電気工事の流れや内容は、新築と改修工事でも異なってきますので、慎重に進めていきましょう。電気工事が納得のいかないものだと、スタッフも働きにくくなってしまいます。

広告募集中